ランニングな日々

<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

シミのない肌を目指しましょう

顔のシミをコンシーラーでごまかそうとして、反対に、シミが気になるようになったことはありませんか?ファンデをチョイスする際は、肌の色より明るい色を選ぶ人がたくさんいるのですが、コンシーラーを買う時、肌より明るめのカラーをセレクトするとシミがなおさら際立つことになります。シミを見せないためのコンシーラーの選び方は肌よりちょっと暗い色をチョイスすることが極意といえます。お肌の悩みと言えば、シミが多いことです。



年を取ったり、紫外線を浴びるなどの影響でメラニン色素が生成されるという原因で、シミのせいで実年齢以上により上に年上の印象を持たせています。特に顔面にできてしまうと大変気になってしまうものですが、シミを防ぐのは毎日のスキンケアで充分可能ですし、スキンケアが不十分でシミができてしまっても、他に方法はあります。
一般的に「きれいな肌」と言いますが、具体的にはどんな肌を指すと思いますか。

日光に当たる部分と、当たらない部分の肌を比べてみましょう。全然年齢が違って見えるのではないでしょうか。

きれいな肌というのは、溝と丘のバランスが良いうえ模様自体が細かいです。

逆に表皮が荒れて薄くなってくると、この模様が大きくクッキリしています。皮膚の防御役である表皮の機能が損なわれているので、真皮へのダメージは不可避です。
水分が失われると表皮が薄くなり、しわが出てくるのは時間の問題です。
もしそうなってしまったら、気づいたときにすぐケアするべきでしょう。


R30って20代前半と比べると若くないし、多忙だしで、なんだか損ですよね。

朝、洗顔して鏡を見て強烈なダメージを受けました。肩凝りもひどかったので血行が悪かったのでしょう。

すごいクマで(私は地黒なのでパンダかも)、テカリと乾燥もひどくて、疲労キターッと思いました。



ショックでしたけど、同時になんだか納得しましたね。体も肌も心も、疲れを残してはダメなんです。美容に時間をかけていると、気持ちも肌もリセットされていくのです。ハリを取り戻すための手間は惜しみなくかけていこうと思ったんです。肌も加齢に伴ってシミが増えます。

それでも、何か改善できる手だてがないか誰しもそう思うはずです。
シミを改善したくて私が試したことと言えば最初に試したのはビタミンC誘導体、加えてハイドロキノンも試みてみましたが、満足のいく結果ではなく、結局、レチノールを使っている状態です。シミと戦おうと思うと最後は、レーザー治療ということになるのかもしれません。赤ちゃんの肌を守るのも大事ですが、赤ちゃんに触れる自分の肌ケアも同じくらい考えてみましょう。産後はホルモンバランスの大きな変化があり、肌の乾燥(しわ)や、ニキビ、しみの定着などが起きます。個人差はありますが、ある程度は自然な反応と言えるでしょう。
2つある女性ホルモンのうちエストロゲンが減少するので、肌の乾燥がひどくなるため、以前から部分的な乾燥状態だった部分に色素が定着すると、なかなかとれないようです。肌が過敏になるので、いままで大丈夫だった化粧水が合わなくなることもあります。できるだけ刺激(添加物)の少ないスキンケア商品を選んで、徹底的に保湿しましょう。


赤ちゃんはどこに触れてくるかわからないですから、安心できるものを使いたいものです。

日焼け止めは毎日欠かさず塗っているのに消えないシミに悩む人も少なくありません。シミのない顔を手に入れたいという方、シミ対策のひとつとして薬による治療も挙げられます。

実は、シミにも様々な種類があるのです。原因が紫外線ならば小さく平坦なシミができます。
左右の頬にできるシミは女性ホルモンが原因で大きく薄く現れるのが特徴です。

というわけで、ご自身にあるシミの原因を知り、適切な薬によって治療し、シミのない肌を目指しましょう。

日進月歩で美容テクノロジーは進歩しており、お肌のシミすらも消せる時代になっています。シミを消す方法にはどんなものがあるかというとシミ改善グッズを使用してシミへの効果をみるというもの、美容クリニックに出向いてシミを除去する施術を受けるという2つの方法が可能です。かかる金銭的、または、時間的負担を考慮して、自分に適した方法でシミの除去を目指しましょう。目立つ深いシミが肌にあり、消したい時に効果的な治療法は、専門の医療機関でのレーザー治療やメディカルピーリングです。
専門機関による治療のメリットとしては見るからに効き目が分かり、施術を行ったその日にシミが消えるのを確認できることになります。セルフケアでシミを消すには、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーにある市販のシミ治療薬で内服治療するか、ハイドロキノンという美白成分入りの化粧品を使用し、ケアすることができます。肌の保湿が十分できていれば、シミの元になるメラニン色素も増えにくくなります。
しっかり潤っているお肌は肌表面にしっかりと水分や油分を閉じ込めているので、きめの整った、なめらかな肌になっているのです。潤いと整ったきめがバリア機能を高め、紫外線による肌奥部のダメージも受けにくく、シミ予防の役割も果たしています。保湿は欠かさず、乾燥を避けるように注意してお手入れしてください。kokiyoshida.ma-jide.com




[PR]
by fjfj011 | 2017-03-30 22:40